web会議システム?資料共有しながら簡単PC会議?

経費削減・業務効率化!同時に解決。Web会議システム

Web会議システムは、テレビ電話やチャット機能に加え、資料や画面の共有をしながら、世界中どこにいてもインターネット回線を利用し、会議を行えるシステムです。

今や遠方とのやり取りにおいても、直接伺わずにネットを通してコミュニケーションがとれる時代です。インフラの技術整備も進んでいる昨今、Web会議を取り入れる企業も多くなってきています。

中でも、弊社で主に提供をさせていただいているのが、キヤノンマーケティングジャパン株式会社が提供する「IC3(アイシーキューブ)」というサービスになります。下記の画面を見るとわかるように、10人規模での会議も同時に行えることで、複数拠点参加時でもスムーズな会議を行うことが可能です。
(※お客様の使用回線状況によって、利用可能な映像 及び 音声品質は異なります)

IC3(アイシーキューブ)を使うことで、「コスト削減」だけでなく、ワークスタイルの革新にも取り組めます!多人数によるビデオ会議もスムーズ!Androidスマートフォン・タブレット対応可能!

【キヤノンマーケティングジャパン株式会社:IC3(アイシーキューブ)ユーザインターフェース】

Web会議システムの導入

会議風景イメージ

インターネットの発達、PCの普及に伴い音声を中心にしたテレビ会議システムが1990年代以降に導入され始めました。当初は専用回線・専用装置が必要で高価なものでした。

しかし技術が発達し、画像処理能力があがるにつれ、資料の共有等が行えるようになり、Web会議システムが知名度をあげてきました。現在ではWeb会議システム、テレビ会議システムを合わせ半数以上の会社で導入されています。
<日経BP 社(企業ネット実態調査2010)調査より>

Web会議システムのメリット

  • ・インターネット回線とカメラ、PC があればいつでもどこでも繋がる・話せる。持ち運び自由です!!
  • ・電話の繋がりにくい災害時にも、全国各地、世界中の従業員とコミュニケーションが図れ、仕事を停滞させません!!
  • ・経費・時間の削減 = 業務の効率化に直結します!!
  • ・資料データの共有、共同作業が可能です!!
Microsft Excelを利用した売上分析もこの通り!手元で具体的にイメージを共有しながら、話し合いが出来ます!データ共有中にも、同時に書き込みができ、直接会って行う会議と変わらない活発な意見交換も可能です!

【キヤノンマーケティングジャパン株式会社:IC3(アイシーキューブ)ユーザインターフェース】

弊社でご提供できるサービス

東京情報システム(TIS)のデータセンターでソフトウエアパッケージ版を運用する場合
(別途、ASP版のサービスもございます)

Web会議システムのイメージ

ご要望に応じてご提案させて頂きますので、気になる点、不明点等ございましたら、ICT営業統括本部ソリューション営業部までお気軽にお問い合わせください。

Web会議システムについて、無料でご相談にのります。お気軽にお声がけください!(お問い合わせフォームはこちら)

このページの先頭へ